講師のご紹介

島田 衣子|Kinuko Shimada

今田バレエ研究所を経て、1989年 井上バレエ学園入園。
1996年4月 スウェーデン王立バレエ団にて研修。
2001年1月 デンマーク王立バレエ団にて研修 。
井上バレエ団のプリンシパルとして「コッペリア」「シンデレラ」「ジゼル」「眠りの森の美女」「ラ・シルフィード」「くるみ割人形」「ロミオとジュリエット」「白鳥の湖」「コンセルヴァトワール」「グラン・パ・エスパニョール」の主役をパトリック・アルマン、バンジャマン・ペッシュ(パリオペラ座)、アレクサンダー・アントニエヴィッチ(ナショナル・バレエ・オブ・カナダ)、ヨハン・コボー(ロイヤルバレエ団)、ティァゴ・ソアレス(ロイヤルバレエ団)、エマニュエル・ティボー(パリオペラ座)などをパートナーに踊る。
井上バレエ団はもとより、日本バレエ協会公演などでも主要な役を踊る一方、佐多達枝、山崎広太、上田遥、島崎徹らの作品にも出演。コンテンポラリー、クラシックのどちらも踊れるダンサーとして注目される。
2006年(社)日本バレエ協会公演「白鳥の湖」のオデット、オディール、2008年(社)日本バレエ協会公演「くるみ割り人形」の金平糖の精を踊る。
2002年、05年 日本バレエフェスティバルに出演。
「ドリーム・オブ・ヤング・ダンサーズ」第10回公演、 「 ドリーム・オブ・ダンサーズ」第1回公演、第5回公演、第6回公演に出演。

オン・ステージ新聞社主催「2000年新人」ベストワン」
2002年 第12回(財)松山バレエ団芸術奨励賞受賞
2004年 文化庁在外研修員としてデンマーク王立バレエ団にて研修。
2004年 第10回中川鋭之助賞
2006年3月 服部智恵子賞受賞

石井 竜一|Ryuichi Ishii

横浜市出身。8歳の頃より横瀬三郎に師事。

1996年 谷桃子バレエ団入団。谷桃子、赤城圭に師事。
以後、同団において、“ジゼル”のペザント、“くるみ割り人形”の王子、“白鳥の湖”の王子、道化、“ドンキホーテ”のバジル、“ロミオとジュリエット”のマキューシオ、“レミゼラブル”のジャベル、“バラの精”等を踊る。他にCREATIVEPERFORMANCEatパーシモンにおいて、“RIVER”を振付発表。

1999年 日本バレエ協会全国合同バレエの夕べ東京支部“くるみ割り人形”主演。

2000年 日本バレエ協会ヤングバレエフェスティバル“パキータ”主演。
新国立劇場コンテポラリー狂言“キングリア”出演。
8月より文化庁在外研修員として一年ボストンバレエへ留学。

2001年 バレエシャンブルウエスト“くるみ割り人形”主演。

2002年 日本バレエ協会北海道支部全道バレエフフェスティバル“コッペリア”主演。
前年に続き、バレエシャンブルウエスト“くるみ割り人形”主演。

2003年 日本バレエ協会都民芸術フェスティバル“くるみ割り人形”主演。
日本バレエ協会北海道支部全道バレエフェスティバル“リゼット”主演。

2004年 谷桃子バレエ団退団。
仲間とReFACEを作り“温胡知新”を演出。
“レディマクベス”全国ツアー出演。
自身プロデュース公演“ふたり”を演出振付発表。

2005年 日本バレエ協会全国合同バレエの夕べ中国支部“コッペリア”主演。

2006年 早川惠美子、早川博子に師事。
11月終わりより、文化庁在外研修員として80日間ニューヨーク、アルビンエイリー・アメリカンダンスシアターを視察。

2007年 名古屋岡田純奈バレエ団“コッペリア”主演。
早川惠美子、博子バレエスタジオ公演“ジゼル”主演。
日本バレエ協会バレエフェスティバルにて“シャコンヌ”を演出振付。

2008年 バレエTAMA“ドンキホーテ”主演。

2009年 日本バレエ協会ヤングバレエフェスティバルにて“エニワン・エルス・バット・ユー”を演出振付。
井上バレエ団“くるみ割り人形”主演。

2010年 PASHY PROJECTにて”わらべ歌“を演出振付。

2011年 全国合同バレエの夕べ東京支部“ヴァイオリン協奏曲・第一楽章”を演出振付。
愛媛舞踊協会”くるみ割り人形“主演。

2012年 井上バレエ団アネックスシアターにて“ブルッフ・バイオリン協奏曲”を演出振付。

2013年 井上バレエ団アネックスシアターにて“スターバト・マーテル”を演出振付再演。
日本バレエ協会全国合同バレエの夕べ関東支部“ヴァイオリン協奏曲ホ短調”を演出振付。
日本バレエ協会千葉ブロック創立30周年記念公演“白鳥の湖”主演。

2014年 日本バレエ協会Japanesechoreographerバレエの夕べ“Chacona”を演出振付。
日本バレエ協会全国合同バレエの夕べ甲信越支部“ブルッフ・バイオリン協奏曲”を再演出振付。
甲府、若尾バレエ学園創立60周年記念公演“シンデレラ”全幕を演出振付。山梨交響楽団と共演。

2015年 井上バレエ団アネックスシアターvol3にて芸術監督を務める。
日本バレエ協会神奈川ブロックサマーコンサートにて“コッペリア第三幕”を演出振付。
札幌ドリームオブダンサーズにて“レクイエム”を演出振付。

2016年 町田バレエ育成振興会町田バレエフェスティバルに“牧歌”を演出振付。

2017年 日本バレエ協会神奈川ブロック“コッペリア”を全幕演出振付。
井上バレエ団アネックスシアターvol4にて芸術監督を務める。新作“ケーナ”を演出振付。
井上バレエ団ブルノンヴィル振付“ラヴェンタナ”日本初演にてバレエマスターを務める。
日本バレエ協会全国合同バレエの夕べにて“Sylvia”を演出振付。
新潟県洋舞連盟創立50周年記念公演にて“Suite of Great Tchaikovsky”を演出振付。

2018年 井上バレエ団アネックスシアターにて芸術監督を務める。能との新作“斑女”を演出振付。
俊友会オーケストラ定期公演にて“ペトルーシュカ”を演出振付。
世田谷クラシックバレエ連盟にて“モーツァルティアーナ”を演出振付。

2019年 日本バレエ協会神奈川ブロックサマーコンサートにて“白鳥の湖第三幕”を演出振付する。
井上バレエ団“Sylvia”全幕を新演出振付発表する。

他、久光孝生制作ドリームオブダンサーズ、佐多達枝、早川惠美子、望月則彦、間宮則夫、佐藤宏、堀登、上田遥、島崎徹、足川欽也作品等に出演。全日本バレエコンクールのアンシェヌマンの振付他多くの舞台を演出振付する。
井上バレエ団、NBAバレエ他、多くのスタジオで講師、バレエマスターとして活躍。
NBAバレエコンクール審査員。公益社団法人日本バレエ協会東京地区委員。

井上 愛|Megu Inoue

惟任るり、金成研侍に師事。
日本大学芸術学部卒。
2013年 井上バレエ団入団。
「白鳥の湖」より四羽の白鳥、「眠りの森の美女」より赤ずきん、「くるみ割り人形」より中国の踊りや葦笛の踊り等を踊る。
島田衣子バレエクラス他エチュードバレエアカデミー、スワンバレエアートスクールにて講師を務める。